アフィリエイト広告

アフィリエイト広告を利用しています。

黒田勇樹の軌跡:子役の頂点から現在の多彩な人生へ

俳優

黒田勇樹の幼少期と出発

元国民的子役で俳優をやっている黒田勇樹さんは、現在41歳で結婚して奥さんと3歳の子どもと暮らしているそうですね。

黒田勇樹さんの父親は大友康平さんと「HOUND DOG」を立ち上げて28歳までギタリストだったそうです。母親も芸能事務所でタレントさんのマネージャーの仕事をしていたそうですね。

芸能に関わっている親の間に生まれた黒田勇樹さんは0歳から赤ちゃんモデルをやっていて、初テレビドラマが5歳の時に大河ドラマだったそうですね。

初映画が山田洋次監督の『学校Ⅲ』に出演して、17歳でアカデミー賞を受賞したそうです。今で言う芦田愛菜ちゃんのようなキャリアの積み方ですよね。子役から俳優になって結果を出すことは至難の業ですからね。

よく母親が芸能人のマネージャーをしているから有利なんて言われたりしたそうですが、母親は黒田勇樹さんを積極的に売り込んだりはしなかったそうです。

他の子役の保護者から「自分の子供ばっかり売ってる」というようなことを言われるのが嫌なので、基本的には何も口出ししなかったそうです。それでも黒田勇樹さんは結果を出し続けたそうですね。

こどもの頃はカメラの前や劇場とか稽古場はただ遊んでいるだけで仕事という感覚ではなかったそうです。それでも芝居や演技が上手かったということもあり、現場で怒られたりすることもあまりなかったそうですね。

17歳頃までは台本を数回読めば自分以外の人の台詞も全部覚えていたそうです。全キャストのセリフを覚える天才子役だったんですね。

俳優・黒田勇樹/元国民的子役 17歳でアカデミー賞も仕事は激減/芸能界引退の裏でA○オファー殺到… – YouTube

成長と挑戦: 黒田勇樹の役者としての軌跡

子どもの頃から役者の仕事をしているので学校にあまり行っていなかったのではとよく言われるそうですが、夏休みと冬休みぐらいしか仕事をさせてもらえなかったそうですね。

連ドラも4本ぐらいしか出ていないそうですが、視聴率が良かったので多くの人に知ってもらえて忙しくしていたイメージがついているそうです。昔はみんなテレビを見ていたので視聴率が高いとその話題で持ちきりですしね。

個人生活と現在の黒田勇樹

小学校6年生の時に『人間・失格』に出演して中学3年生の役を演じられるほど体格も恵まれていたそうです。中学2年生の時に200m走が3年生よりも速かったことで虐めも経験したそうですね。

同級生の異性にはモテなかったそうですが、少し年上の女子大生などの層にはすごくモテたそうです。初体験もかなり早かったそうですね。おそらく年上のお姉さんでしょうね。

高校は通信に行ったそうですが、『学校Ⅲ』でアカデミー賞を取ったことで逆に仕事が減ったそうです。黒田勇樹さんは個人事務所で仕事をやっていたのでギャラが高くなったりしたのも要因ではあるみたいですね。

単純に男の子の俳優は18歳ぐらいで学園ものの需要がなくなるので新社会人みたいな役しかなくなってくるのもあるそうですね。

そうなると会社が舞台のドラマには新社会人の役は一人二人しか出てこないので、戦隊もので主役をやっていた売れ筋の俳優が入ったらもうそこで枠が埋まるというのも業界的にあるそうです。今旬な俳優を起用するんですね。

子役から上がってきた人はすぐに飽きられてしまうので、黒田勇樹さんはおじさんの役ができるようになるまでかなり時間がかかったそうですね。子役から売れたことでの後遺症みたいな感じですね。

黒田勇樹さんの恋愛遍歴はそれなりに若い頃からしてきたそうですが、41歳までに6人の女性と付き合ったそうです。1回付き合うと長いそうで、だいたい4~7年間は付き合ったそうです。

黒田勇樹:挫折と再生

20歳前から俳優の仕事としては少し下がり調子ではあったので、彼女がいてもスキャンダルで取り上げられるほど週刊誌からすると価値がなかくて世間にバレていなかったそうです。

事務所とは給料制で契約して生活は安定していたので、彼女との時間もしっかりと取れる状況ではあったそうですね。

黒田勇樹さんは2010年5月の28歳で俳優業を一度引退しています。理由は、俳優以外の仕事を人生でしたことがないなと思ったからだそうです。

最初は派遣の仕事をやってみたそうですが、あまり効率がよくないと思ったのでホームセンターで働き始めたそうです。土日が休みだったのでダブルワークで引っ越し屋でも働いたそうですね。

2つ合わせると月給は40万円ぐらいだったそうです。休みはなかったのですが夜は彼女と遊んだりしてかなり楽な生活に感じたそうですね。

ドラマで忙しい時は1日15分しか寝る時間がない日が何日もあるのが普通だったそうで、楽してそれなりに稼げるなと思ったそうです。普通の社会人からすると休みも無くて地獄の日々ですよね。

芸能界を離れて5年間一般の社会人生活をしていた黒田勇樹さんでしたが、ある時に演技を教えるワークショップの先生をすることになったそうです。

そして、そのワークショップのメンバーで映画を撮るプログラムがあったので、一生懸命やっていたら作品が国際映画祭に出展されたそうです。

その時に主役をやってもらった人が舞台俳優さんで自分でも舞台を作っていたそうで、黒田勇樹さんに「自分の舞台に出て欲しい」とオファーしてくれたそうですね。

俳優としての復帰と黒田勇樹の新たなビジョン

復帰して舞台で演技をするとやはり楽しくて、そこがきっかけで2014年に33歳で俳優に復帰することに決めたそうです。復帰するからにはしっかりと気持ちを切り替えて腹をくくったそうですね。

現在は、作品を作る監督側と演じる俳優側を両方やっている黒田勇樹さんは、復帰前よりもこの仕事の楽しさを実感できているそうですね。

引退して演技の世界を一度離れてみたのはとても良かったそうです。人間の世界を表現する仕事だから、社会人として一般人の労働環境を見て人間の世界を経験したということがかなり良かったそうですね。

引退前よりも自分の演技とか書く台本の幅がかなり豊かになったそうです。恋愛したことがないのに恋人の役に気持ちが入れられないのと同じですね。

家庭生活と未来の夢:黒田勇樹の人生観

黒田勇樹さんには子供がいるのですが、産まれたのは世の中がコロナの真っ只中だったそうで、奥さんは実家で産んで実家で育てて、自分は東京で一人暮らしをしながら東京の舞台の仕事をしていたそうです。

病院も決まった1人しか面会ができないので、あまり会いに行けない黒田勇樹さんではなく奥さんのお母さんに面会できる1人になってもらったそうです。父親なのにガラスの向こうから手を振って見るくらいだったそうですね。

コロナ渦では東京の人が地方に行ったり移動するだけで嫌がられたのであまり実家にも帰りにくかったのと、自分も劇場の仕事でコロナになったら周りに迷惑が掛かってしまうのでなるべく感染しないようにしていたそうです。

子どもが産まれてから1年ぐらいは一緒に暮らしていなかったそうですが、今は一緒に暮らして毎日会えるし楽しいから幸せだそうですね。

これからの目標として黒田勇樹さんは死ぬまでに長編映画を10本程度は撮りたいそうです。

そして、ヨーロッパやハリウッドで撮った映画が賞を取って映画監督として日本の芸能界に堂々と帰ってくるようなことが起きれば良いなと思ってコツコツと仕事しているそうですね。

100年後ぐらいに未来の芸大生が「黒田勇樹さんの映画について」みたいなものをレポートで1万字くらいにまとめていたら天国から爆笑するだろうなと思っているそうです。

ただし、野心があるという感じではなくて、頑張って頼まれた仕事を一生懸命にやっていたら偶然そんな結果になればいいなと思っているだけだそうです。絶対に取りに行ってやるという意気込みではないそうですね。

その時に与えられた仕事を頑張った結果がたまたまパルムドールだったら最高という考え方なんですね。幸い仕事は次々に舞い込んできてはいるそうで一つ一つしっかりこなして行きたいそうですね。

黒田勇樹さんは、子どもには色んなことをさせてみてどれがやりたいかが大事だと思って育てているそうで、魚とか恐竜の話をしたり色々なことを見て聞かせているそうですね。

それでも自分の稽古場に一緒に居たりものづくりに触れているからか映画がすごく好きで、バックトゥザフューチャーやキングスマン、スパイダーマンなんかをずっと見ているそうです。

将来息子が演出で自分が演出助手の舞台をやれたら面白いと思っているそうです。黒田勇樹さんが息子の言う通りに台本に書き起こして、演出も息子の言う通りにみんなにつけていってどんなものができるのか楽しみらしいです。

親ばかだと思われるかも知れないですが、仲の良い役者さんたちがそれに出たいと言ってくれているので成立はしそうな感じだそうですね。

黒田勇樹さんはこの業界の子役で売れた人が「元子役」と呼ばれ続けることはやめなければいけないと思っているそうですね。

自分が俳優を辞めた時に週刊誌で『元子役の転落人生』って書かれたそうですが、「転落じゃなくて転職」って言わないと子役たちが辞めれなくなってしまうのが悲しいそうです。

子役で売れたって別にその後でサラリーマンになっても営業マンになっても大工さんになっても何やってもいいはずなのに、そういうのを写真に撮って週刊誌で貶めてお金にする人がいることが悔しいそうですね。

確かに子どもの時に興味あったものがずっと好きな人なんて珍しいですし、やりたいことが変わっただけで転落と言うのは酷いですよね。

黒田勇樹

created by Rinker
¥578 (2024/04/14 19:46:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました