BARBEE BOYSの現在

今回は、“男女ツインボーカル”で1980年代後期~1990年代初めにかけ若者から圧倒的な支持を得た、人気バンド『BARBEE BOYSバービーボーイズ)』についてピックアップしたいと思います。

BARBEE BOYS のプロフィール

 1982年7月に結成、当初は男性4人で構成されたバンドでした。1983年8月、別のバンドで活

 動をしていた杏子さんが(いまみちともたかさんから“スカウト”を受けそのバンドを脱退)『BARBEE BOYS』に正式加入、1984年9月に発表シングル「暗闇でDANCE」でメジャーデビューをされます。

 1980年代は珍しかった“男女ツインボーカル”スタイルで異彩を放ち、「女ぎつねon the Run」

 や「目を閉じておいでよ」といったシングル曲を次々と発表し、東京ドームでのライブ(1988年8月)

 も成功させ、当時の若者のハートを鷲掴みにしました。

 「歌のトップテン」(1986~1990年・日本テレビ)や「夜のヒットスタジオ」(1968~1990年・フジテレ

 ビ)等の人気歌番組にも続々と出演、人気の絶頂を極めていましたが、1992年1月に行われたラ

 イブ(渋谷公会堂)を最後に解散しました。

スポンサーリンク

BARBEE BOYS 解散後のそれぞれの活動

KONTAさん(ボーカル&サックス)

1960年7月25日、東京都新宿区ご出身です。

ソロ活動と共に役者や声優としても活躍(バンド活動中も映画「レディ!レディ READY!LADY」

(1989年)やテレビドラマ「愛しあってるかい!」(1989年・フジテレビ)等に出演)、ドラマ・映画・舞台・ナレーションと幅広く活動をされています。近年もNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(2012年)や「ディアスポリス 異邦警察」(2016年・TBS)に出演されました。

いまみちともたかさん(ギター)

1959年10月12日、東京都ご出身です。

『BARBEE BOYS』の殆どの楽曲を作詞・作曲されました。『Love Dynamights』という名義でソ

  ロ活動といった、独自の音楽活動を開始されました。最近は椎名林檎さんの楽曲プロデュー

スや、杏子さんに楽曲を提供する等の活動をされています。

杏子さん(ボーカル)

1960年8月10日、長野県松本市ご出身です。

1992年にソロアーティストとして活動開始、数々のシングル&アルバムを発表されます。また

1998年からは同じ事務所に所属する山崎まさよしさんやスガシカオさんらと共に、スペシャルユ

ニット『福耳』としても活動されます。役者としても映画「海猿 ウミザル」(2004年)や「グッド・ストラ

イプス」(2015年)等に出演されます。

ENRIQUEさん(ベース)

1964年2月3日、コロンビア出身の日系二世で3歳の時に来日されます。

永井真理子さん、江口洋介さんツアー・メンバや、浜崎あゆみさんのサポート・ベーシストとして活

動されました。その一方で自身が手掛けるバンド『BICYCLE』『THE KEY PROJECT』『GRACIAS』

等でライブ中心に活動をされています。

小沼俊明〈コイソ〉さん(ドラム)

1962年7月17日生まれ

『BARBEE BOYS』解散後も、音楽活動を続けるものの、ドラムを辞める事を決意されました。

そして音楽業界の仕事を探した後、『原盤制作ディレクター』を5年間務めます。

その後は音楽出版社『オーガスタパブリッシング』へ入社し、在籍する杏子さん・山崎まさよしさん・スキマスイッチ等、様々なアーティストをバックアップされています。

スポンサーリンク

BARBEE BOYS “ついうっかり”再結成をしてしまった⁉

2000年代に入り“再結成”への道が開き始めます。2003年2月に「エピックレコードジャパン」の25周年記念イベント『LIVE EPIC 25』で“同ライブ限定”という形で再結成をされました。

その数年後の2008年4月に放送された、音楽特番「SMAP×SMAP名曲歌謡祭」で一夜限りの復活を遂げ、その理由をいまみちともたかさんは“ついうっかり…”とコメントされました。

翌2009年2月からはデビュー25周年を記念し、全国4ヶ所(福岡・東京・名古屋・大阪)にて全国ツアー『Re:BARBEE BOYS』が開催されました。

BARBEE BOYS 若い層からも支持を得て、時代を駆け抜けている!

2010年3月、21年振りである“日本武道館ワンマンライブ”(全国ツアー『Bcc: from BARBEE

BOYS AD2010』のファイナル公演)が行われ、往年のファンのみならず若い年代層も含め、1万

人もの観客が詰めかけました。

8年の歳月を経て音楽番組の特別編「The Covers’Fes.2018」(2018年11月30日放送・BSプ

レミアム)で“レジェンドゲスト”として再び5人揃って公の前に登場、代表曲「女ぎつねon the

Run」「目を閉じておいでよ」を披露されました。

最近は、新曲「無敵のヴァレリー」(2019年12月18日リリース)が発表されたうえ、来年2020年

1月13日には10年振りのワンマンライブ「BARBEE BOYS『突然こんなところは嫌いかい?』」

(国立代々木競技場・第一体育館)が開催(WOWOWでも生中継放送)されます。

正に昭和・平成・令和と時代を駆け抜けているバンドではないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL