森口博子の現在

今回は、1990年代に“バラドル”として人気を集めた他、アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの主題歌を歌われたアーティストとしても認知されている、
歌手でタレントの森口博子さんについてピックアップしていきたいと思います。

森口博子のプロフィール

1968年6月13日、福岡県福岡市ご出身で4人姉妹の末っ子お生まれになります。

両親が離婚し、母親は魚市場や配膳の仕事等で生計を立てていたそうです。
森口博子さん曰く“貧乏だったので、チーズかまぼこにマヨネーズをかけるのが御馳走”だったとの事です。

17歳の時にアイドルを目指し上京をされ、堀越高等学校芸能コースに転校(2年時)されます(同
級生には井森美幸さん、荻野目洋子さん、武田久美子さん等、名立たるメンバーがおられました)。

また芸能ダンスグループ『スクールメイツ』に所属しレッスンを積みながら、アイドルのバックダンサー等をされていました。

多くのオーディションを受けるも落選続きでしたが、オーディション番組「勝ち抜き歌謡天国」(1984~1986年・NHK総合)にて
準優勝された事がデビューのきっかけとなります。

テレビアニメ「機動戦士Ζガンダム」(1985~1986年・テレビ朝日)の後期オープニングテーマとして起用されたシングル「水の星へ愛をこめて」(1985年)
でアイドル歌手としてデビューし、この曲はオリコン16位入りのヒットとなりました。

しかしその後はヒット曲に恵まれず、高校卒業前に所属事務所より“リストラ宣告”をされてしまいます。

それでも、“なんでもやりますから!”と泣きながら懇願した森口博子さんに与えられた仕事は、バラエティー番組で“雄ロバを口説いてくる”というものでした。
それでも仕方なく“全力で”やった結果、以降はバラエティーやクイズ番組への出演オファーが増え、自身のキャラクターの基礎を築いていく事となっていきます。

そして、井森美幸さんや山瀬まみさんらと共に1980年代後期~1990年代初期のバラエティー番組を盛り上げていきます。

スポンサーリンク



そんな中、劇場版アニメ「機動戦士ガンダムF91」(1991年)の主題歌である「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」を発表、
オリコンシングルチャート最高9位に選ばれ、森口博子さん自身最大のヒット曲となりました。

この曲をきっかけに、ガンダムファンのみならず、世間の方からも“歌手・森口博子”として認知される事となりました。

1990年代前期~中期辺りが多忙と思われ、「邦ちゃんのやまだかってないテレビ」(1989~ 1992年)・「クイズ!年の差なんて」(1988~1993年)・「笑っていいとも!」(1989~1997年(出演時)
火曜レギュラー)等、フジテレビのバラエティー番組を中心にご活躍されます。

歌手としても、1991年(第42回)から6年連続で「NHK紅白歌合戦」へ出場されました。
更に、森脇健児さんとコンビを組んだ冠番組「夢がMORIMORI」(1992〜1995年・フジテレビ、この番組を機に共演の『SMAP』がブレイクする事となります)に出演、

人気の絶頂を極めました(因みにこの番組の主題歌となった「スピード」(1992年9月リリース・西脇唯さん作詞&奥居香さん作曲・編曲)もオリコン15位に輝きました。

森口博子は過去に3度のプロポーズを受けていたあの、ものまねタレントから口説かれた

現在51歳で、未婚だという森口博子さんですが、実は過去に3回プロポーズを受け断った事がある走です。

初めは25歳の時でした。何回か食事へ行っていた男性から突然、“実は結婚する事になりました”と告げられショックを受けます。

それでも“お祝いとして披露宴で歌わせてください”と言われた森口博子さんでしたが、相手から“駄目です”と言われてしまいます。
何と“あなたが、主役だからです”思わぬプロポーズを受けました。しかしながら、森口博子さんが仕事を優先された事により、この“恋”は破局に終わりました。

2回目は28歳の時で、ある男性からホームパーティーへ招待され求婚されるも、この頃は“最初の男性”と交際をしていた為、断ったそうです。

3回目は31歳の時で、交際を始めていた方から“相性ピッタリと思うから”とプロポーズされます。
ただその方は、常に海外を飛び回っている仕事に就いていた為、結局この“ロマンス”も上手くいきませんでした。

森口博子さんは結婚について“一人の方が、もう楽”とコメントされたうえ、“婚活より保険の見直しの方が大事”とも言及されました。

また以前、トーク番組「ごきげんよう」(2015年3月17日放送回・フジテレビ)にゲスト出演された際、“ある番組の審査員を務めた”時のエピソードを語られました。

その際、隣に座ったタレントの方が“電話番号教えて”と口説かれます。
その方からしつこく迫られたので、仕方なく事務所の電話番号を教えたそうです。

後日、そのタレントの方から“ふざけんな、馬鹿野郎!”とツッコまれたそうです。そのタレントさんは…モト冬樹さんだったそうです。

スポンサーリンク



森口博子は現在アーティストとして益々開花!

2000年代に入ると、ドラマ特番「HOTELスペシャル」(2000~2002年・TBS)やNHK連続テレビ小説「てるてる家族」(2003年)等、女優業としても活躍される様になります。
また最近は、南野陽子さんや西村知美さんらと共に『「Blooming Girls」を結成し、シングル「Knock!! Knock!! Knock!!」(2012年6月リリース)を発表されました。

そして今年2019年8月に発売のカバーアルバム「GUNDAM SONG COVERS」が、オリコン週間アルバムチャート3位という快挙を成し遂げ、現在まで8万枚以上の売り上げを記録しました。
更に10月には、アニメ「機動戦士Ζガンダム」の前期オープニングテーマを歌われた鮎川麻弥さんとのコラボシングル「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」をリリースされ、ファンを喜ばせました。

タレントとして、アーティストとしても森口博子さんのこれからのご活躍はまだまだ留まる事を知りません。
また51歳とは思えない美貌や可愛らしさを、自身のSNSでも披露し話題となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL