木村一八の現在

人気漫才コンビ“やすきよ”の横山やすしさんの長男として芸能界入りし
、俳優として数々の作品へご出演された、木村一八さんについてピックアップしていきたいと思います。

木村一八の主なプロフィール

1969年11月17日、大阪府摂津市ご出身で、1980年代の『漫才ブーム』で絶大な人気
を誇った漫才コンビ『やすしきよし』の横山やすしさんの長男としてお生まれになります。

因みにこの『一八』という名は、“人生一か八か!”という父親のやすしさんの思いで付けられた
等という、色々な説があります。

木村一八さんが生まれて間もなく両親が別居されており、幼少期は母親と静岡で暮らしていた時
期がありましたが、10歳の頃に、父・横山やすしさんに引き取られる事になりました。

スポンサーリンク



1983年、中学在学中にテレビ番組「やすきよの笑って日曜日」(1983~1986年・テレビ朝日)へ
出演された事を機に芸能界入りをし、同時期には横山やすしさんの主演映画「唐獅子株式会社
(1984年)で映画初出演をされます。

そして、テレビドラマ「毎度おさわがせします」(1985年・TBS)で中山美穂さんらと共演、更には
映画「シャコタン☆ブギ」(1987年)でも主演を務め、人気を獲得されます。

歌手としても1986年1月に発表のシングル「オレたちだけの約束」が大ヒットし(オリコンチャート
最高位8位)、期待の新人として注目を浴びました。

芸能活動が順風満帆に行っていた矢先の1988年11月に、事件が起きます。

当時19歳の木村一八さんは、六本木で飲み友達と共に、乗車拒否をしたタクシー運転手を重
傷を負わせる程、暴行を加えた傷害容疑で逮捕されてしまいます。

この事件には、様々な裏事情があった様です。木村一八さんの幼馴染で、女優・相楽晴子さん
が“紹介したい人がいて一度会ってほしい”と伝えられ、その“彼氏”は俳優・原田芳雄さんの息
子・原田喧太さんでした。

原田喧太さんが、乗車拒否をしたタクシーの車体に蹴りを入れたうえ、タクシー運転手と揉めている場面を、木村一八さんが目撃します。

ただ、タクシー運転手の体が大きく、原田喧太さんでは敵わないと察した木村一八さんが助けに行き、タクシー運転手に重症
を負わせてしまった、という事だそうです。

しかし、相手のタクシー運転手に「脳挫傷、及び味覚・嗅覚障害」という重傷を負わせてしまいます。

事件当時、木村一八さんが未成年だった事もあり名前を伏せての報道がなされましたが、職業が『俳優』という理由で、「実名報道」される事になりました。

事件の代償は大きく、被害者への賠償や出演作品の降板・打ち切りの賠償金も含め、1億円を払わなければならなくなりました。
このお金は全て、彼が所属していた『吉本興業が払う事となりますが、木村一八さんは「懲戒処分」として「専属契約解消」が下されました。

未成年だった事で、少年院で1年過ごした後に出所されます。

その後は俳優として復帰し、映画「いつかギラギラする日」(1992年)、Vシネマ「タフ」シリーズ(1990~1992年)等のワイルド・野性的な役や
Vシネマ作品への出演が増えました。

そして現在も、Vシネマを中心に活躍されておられます。

そんな中、あるテレビ番組に出演された木村一八さんは、現在は一般の方の奥様となられている実妹・木村ひかりさん(「さゆみ・ひかり」の
漫才コンビとして活躍中)のお子様について語られました。

木村一八さん自身、「ヤクザ」等の怖い役ばかり演じている故に(その子に)見せられないので、
平凡な役にも挑戦してみたいと本音を打ち明けられました。

スポンサーリンク



現在の木村一八は、父・横山やすしにソックリ

現在49歳となられた木村一八さんは執筆活動もされており、昨年2018年2月には自身の著書
『父・横山やすし伝説』(宝島社)を発表されました。

また同時期、バラエティ番組「ウケる!偉人伝」(2018年10月8日放送・日本テレビ)へ出演、著書のインタビューにも応じられます。

実は、父親の横山やすしさんは『酒は弱かったものの先輩芸人達から煽られ、無理して飲んでいた』
『家庭では家族をとても大切にしていた』といった、知られざるエピソードを語られました。

Vシネマ作品への出演が多く、“怖い”イメージが強かった木村一八さんでしたが、現在は髪の毛
の大半が白髪で黒縁メガネをかけた姿が父・横山やすしさんに似て、年齢を重ね丸くなった様に見えます。

木村一八が有名芸能人とのエピソードが壮絶また最近は、YouTubeへ出演…?

木村一八さんは様々な有名芸能人との様々なエピソードがあります。

・ダウンタウン
1980年代後半~1990年代から人気を獲得し始め、現在もお笑い界の重鎮としてご活躍中の
『ダウンタウン』のお二人が、世間のバッシングと木村一八さんからの怒りを買った事がある様
です。それは、1990年代に絶大な人気を誇ったコント番組「ダウンタウンのごっつええ感じ
(1991~1997年・フジテレビ)での出来事です。

問題となったのは、同番組で披露されたコント『やすしくん』で、タイトルから分かる様に横山やすしさんをパロディ化した松本人志さん主演の
キャラクターコントでした。

しかし、このコントの放送タイミングが悪すぎました。横山やすしさんが亡くなられた時間帯に、この『やすしくん』が
放送されました(これ以前にも、“やすしくん”がセスナを操縦した後(横山やすしさんが実際にセスナに乗られていたのをパロディー化したも
のと思われる)、セスナにトラブルが発生し、“日本一の漫才師…死ぬ!”と、セスナから飛び降りるブラックなオチの内容が放送されました)。

横山やすしさんの葬儀の席では、横山やすしさんの奥様、及び息子である木村一八さんが松本人志さんを批判した事を機に、
メディアもこぞって『ダウンタウン』を批判し始めます。

“ダウンタウンの笑いが、イジメを助長”“弱いものイジメで笑いをっている”等と、徹底的に彼等
を痛めつけ、結果的に『やすしくん』は打ち切りとなりました。

・有吉弘行
現在は多くのバラエティー番組のMCで多忙を極めている有吉弘行さんですが、彼も木村一
八さんとちょっとした関わりがあったとの事です。

ラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(2018年2月25日放送回・  )にて、
木村一八さんとのエピソードを語られました。

この約6~7年前に、有吉弘行さんが六本木のある店に木村一八さんといた時の事です。
有吉弘行さんが席を立って“帰ります”と言うと、“ダメだ、帰るなよ”と止めて来た木村一八さんでした。

それでも、有吉弘行さんはスキを見て帰ろうとした途端、木村一八さんが“帰ったら、殺すぞ!”
と、交差点まで追いかけられたそうです。

何とかタクシーへ乗り込み、逃げ切る事ができたそうです…。

スポンサーリンク



この他にも昨年2018年12月に、木村一八さんの友人でもある元・光GENJIメンバーの大沢
樹生さんとのツーショット写真が公開され、ファンの方を喜ばせました。

木村一八さん自身、SNSはされていません(以前開設されていたブログは閉鎖されています)
が、今年2019年1月には、動画配信サイトYouTubeチャンネル「二番煎じと言われても【弁護士藤吉修崇】」にゲスト出演され、
元気な姿を見せておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL