手島優が矢口真里とYouTubeでコラボで現在は!?

アイドル

手島優さんといえば、グラビアアイドル
タレント、女優など、幅広く活動している方です。

今回は、手島優さんについて詳しく
まとめていきたいと思います。

手島優さんは現在、元モーニング娘。の
矢口真里さんとYouTubeをしています。


YouTubeのチャンネル名は
「矢口真里と手島優のやぐてじチャンネル」といい
現在の登録者数は、4.8万人ほどです。

矢口真里さんと手島優さんは
所属している事務所が違うものの
一緒にYouTube活動をしているので
すごいことのようです。

垣根を越えて、お互いの事務所に
許可をもらっていますが、
YouTubeをしているのはお2人なので
事務所は一応管理しているものの
編集などもお2人でやられているとのことです。

手島優さんは、大の機械音痴のため
矢口真里さんに、教えてもらいながら
編集作業を頑張っているんだとか。

ちなみに、手島優さんは
10歳から芸能活動をしているようで
一応子役からしており
2021年で芸歴29年になったそうです。

10歳の時に劇団に入り
舞台に立ったり、エキストラとして
出演していたんだとか。

スポンサーリンク



現在手島優さんの仕事としては
バラエティ番組に出演が多く
最近では、年齢も年齢なので
上品な番組にも呼ばれるようになったといいます。


ちなみに、手島優さんは、現在も
独身で、今年6月に彼氏ができたと
ネットニュースにて話題になっていました。

その方とお付き合いするようになった
きっかけは、手島優さんがマネージャーに
「気になっている方がいる」と報告した際に
マネージャーは、出演する番組に
タレコミして、それがテレビ番組の
企画となり、逆告白したんだとか!

電波を借りての告白は
芸能人しかできないことなので、
芸能界への憧れがずっとある手島優さんは
その逆告白すらも、1つ夢が叶ったと
嬉しかったそうです。

芸能界に30年近くいても
そんな夢があるって、素敵ですよね。

手島優さんの出身は栃木県で
2人の兄がいるようですが、かなり
溺愛されて生きてきたといいます。

栃木県出身の手島優さんなので
10歳で芸能界に入った時には
レッスンで週1回は東京まで行き
レッスンを受けていたんだとか。

なんと、お父さんには内緒で
芸能界活動をしていたんだとか。

お父さんはかなり過保護で
怖いイメージだったそうですね。

それでも続けたかった手島優さんは
お父さんに内緒で芸能界に入ったそうです。

それから、オーディションなどを
受けたものの、受かることはなかったんだとか。

手島優さんの学生時代は
なんと、生徒会委員をしていたといいます。

それによって、他の生徒に嫌われ
靴を隠されたり、水をかけられるなど
いじめにあっていたんだとか。

最終的には、実家で飼っていた
犬を逃されるなんてこともあったといいます。

当時、ドラマ「家なき子」などが
流行っていて、それを真似て
いじめる、みたいな風潮があったようですね。

すごく傷ついたようですが、
こんなことで傷ついていたら、芸能界で
やっていけない。と思い
頑張って耐えていたそうです。

高校は、赤絨毯が敷いてあるような
進学校に進学したそうです。

お嬢様学校だったので、いじめもなく
手島優さんの芸能活動も
すごく応援してくれていたんだとか。

そこから、大学に行くか、芸能界1本で行くか
考えた結果、お父さんに
東京に行くなら資格を持っておけと言われ
生物が得意だった手島優さんは
学校の先生に相談し、栄養士の資格が取れる
短大に進学したといいます。

スポンサーリンク



そのタイミングで、プロダクションの
オーディションに受かり、
劇団を辞めて、プロダクションに入りました。

はじめは、仕事などもなく
レッスン生としてレッスンに通い
たまに入ってくるエキストラに出たり
いいときで、1、2言喋る役などを
していたんだとか。

そして、短大を卒業するタイミングで
また事務所を変えて入所しました。

そこで、その事務所の方に
グラビアを勧められ、グラビアの方に
移行したようですね。

これももちろん、お父さんには内緒です。

初めてグラビアの撮影に行ってみると
想像していた水着とは大違いで
下しか用意されておらず、胸は
指で隠してください。という指示がきて
驚いたといいます。

グラビアを始めたときは21歳と
雑誌などには書いていましたが
この時の実際の年齢は19歳なので
2歳サバ読んでの活動だったんだとか。

そこからは、グラビアとして
活動していきますが、
内容は過激になっていき、
最終的には指1本で隠せ。などと
言われる時代だったそうですね。

これで本当に女優になれるのか。
と何度も思ったものの、
グラビアが流行っていたその時代には
グラビアで1番にならないと
女優になれない。と思い頑張っていました。

しかし、芸能界では、手島優さんの
イメージはグラビアというのが
定着してしまって、女優のオファーが来ず
来たとしても、寝取る役や
キャバ嬢などの役しかこなかったといいます。

朝ドラなどに憧れていた
手島優さんは、女優を諦めグラビアに
精神を捧げたようですね。

そこから、バラエティ番組に呼ばれるようになり
水着で深夜に騒ぐような企画などに出ていたんだとか。

当時はまだ、コンプライアンスは
低めだったので、水着でテレビに出ることは
全然OKだったようで、
水着姿でとにかく騒いでいたようです。

グラビアアイドルというと
なぜかわかりませんが、性に対しても
凄いというイメージがつきますよね。

しかし、そういったことは全くなく
経験人数も少ない手島優さんですが
芸能界でのイメージがあるので
経験人数なども偽って言ったりしていたんだとか。
その結果、偽りの自分に押しつぶされそうに
なることが多々あったといいます。

それでも、とにかく芸能人になりたい。
誰よりも有名になりたい。という思いが
人一倍凄いので、努力でなんとか
頑張っていたようですね。

しかし、グラビアアイドルが流行っている
時代は終わってしまいます。

AKB48なども、PVなどで水着を着る機会も増え
男性は、そちら側に行ってしまったんだとか。

それによって、グラビアとしての
仕事はどんどん減っていき、
バラエティ番組でもAKB48のメンバーなどが
出てきて、席が無くなってしまいます。

確かに、当時のAKB48は
歌もダンスも水着もあり、さらには
トーク力まであるということから
どんなテレビ番組にでも出ていた印象ですね。

芸能界での仕事は激減し
毎日落ち込み、現実を突きつけられた気分になったんだとか。

どん底まで落ちた手島優さんを
見つけた大人の方達が救ってくれたそうで
「そのままの姿で出てほしい」と
声をかけてもらい、普通にテレビに
出れるようになったといいます。

ちなみに、女優の夢は
なくなってはいないが、
もう無理だろうな。という思いはあるそうで
自分が思っている役はもう来ないんだろうな。
とほとんど諦めているそうです。

矢口真里さんとは、バラエティ番組で
仲良くなり、同い年だったこともあり
意気投合し、そのままの勢いで
一緒にYouTubeをしようという話に
なったようです。

テレビの世界も昔と随分変わってしまったので
やりたいようにやりたい。という
お2人の気持ちから、自由に企画をやっているようです。

これからも、貰ったお仕事はきちんとして
以前のような下品なイメージではなく
爽やかなイメージ+安心感のある存在になりたい。
と、手島優さんはおっしゃっていました。

created by Rinker
¥1,320 (2022/01/17 04:56:58時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがだったでしょうか?

もうすでに有名なのに、それでもまだ
有名になりたい、芸能人になりたい。という
夢を語っている手島優さんは
とても素敵でした。

これからの活躍も応援していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました