志穂美悦子の現在

ジャパンアクションクラブ (JAC(現:JAE))に所属、映画やドラマで危険なアクションも自ら行い、
1970~1980年代前半にかけてアクション女優の地位を確立させた、志穂美悦子さんについてピックアップしていきたいと思います。

志穂美悦子のプロフィール

1955年10月29日生まれ、岡山県岡山市ご出身です(現在の身長は163 cmだそうです)。

テレビドラマ「キイハンター」(1968~1973年・TBS)を観て、同作品に出演の千葉真一さんに
憧れを抱き、同時に学生時代よりスタントの道を志す様になります。

スポンサーリンク



そして1972年8月に、千葉真一さん主宰のジャパンアクションクラブへ応募・合格をされます。

1973年公開作品「ボディガード牙」で、主演女優の吹き替えアクションを担当後(この際は、本名の塩見悦子)後、
その続編「ボディガード牙 必殺三角飛び」(1973年)で、『志穂美悦子』という芸名でスクリーンデビューされます。

更に、彼女の名が一躍知られたのは特撮テレビドラマ「キカイダー01」(1973~1974年・テレビ
朝日)のビジンダー役です。ちょっぴり色気のあるヒロイン像とキレのあるアクションで、当時の
子供達のハートをガッチリ掴みました。

やがて、千葉真一さん主演のアクション映画「激突! 殺人拳」(1974年)助演後、同年に公開さ
れた「女必殺拳」の主役に抜擢されます。ブルース・リーから始まった“カンフー映画ブーム”と
重なり、本作は大ヒットし、3作目までシリーズ化されました。

その後も、爆発する岩山を駆け抜ける場面が話題となった映画「華麗なる追跡」(1975年)や
テレビドラマ「ザ・ボディガード」(1974年)、「ザ★ゴリラ7」(1975年)等に出演、JAC関係作品
の“顔”として人気を集め、また163 cmという長身とアイドル的なルックスで多くのファンを獲得されます。

1970年代後半になると、学園ドラマ「熱中時代(先生編・第1シリーズ)」(1978~1979年)、刑
事ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」(1979~1981年)、映画「瞳の中の訪問者」(1977年)等、JAC
関係以外の作品にも多数出演され、アクション意外の作品でも幅広い演技を披露されます。

また、ブレイク直後の真田広之さんをはじめとするJAC若手俳優達とテレビ時代劇「影の軍団」シリーズ(1980~1985年・フジテレビ)や
映画「吼えろ鉄拳」(1981年)、舞台「ゆかいな海賊大冒険」(1981~1985年)といった数多くの作品へ出演、1980年代前半の“JAC最盛期”を支えられました。

その一方で、映画「里見八犬伝」(1983年)「ザ・オーディション」(1984年)、テレビドラマ「金曜日の妻たちへII」(1984年・TBS)等、
当時のヒット映画&ドラマに顔を出されます。更には、バラエティー番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」(1983~1985年・フジテレビ)に出演しコントを披露され、視聴者を驚かせました。

スポンサーリンク



1985年に所属していたJACから独立、個人事務所『ハンドレット』を設立されました。
同年に公開された映画「二代目はクリスチャン」(つかこうへい原作・脚本)では久々の主演を務め、配給収入12億5千万を超える大ヒットとなりました。

そして翌年1986年には、テレビドラマ「親子ゲーム」(TBS)と映画「男はつらいよ 幸福の青い鳥」(この作品が最後の出演映画作品です)で、歌手・長渕剛さんと共演されます。
この共演がきっかけで2人は交際を始められ、1987年8月29日にご結婚をされます。

これを機に芸能界を引退され、夫を支える側としての道を歩まれます。

その後、志穂美悦子さんと長渕剛さんとの間に長女・長渕文音さん(女優)、長男・WA航RUさん(ヒップホップミュージシャン)、
次男・長渕蓮さん(元レーシングドライバー、現:『ReN』という名義で音楽活動中)の3人の子供に恵まれました。

現在の志穂美悦子は、フラワーアーティストとしてメディアに引っ張りだこ⁉

志穂美悦子さんが再び、注目されたのは『フラワーアーティスト』としてでした。

きっかけは2011年11月、長渕剛さんが経営されるカフェ『ROCK ON』(自由が丘)での特別
企画へ参加、東日本大震災復興等のチャリティーとして、フラワーアレンジ写真集「Flower
Arrangement INSPIRE 〜いちかばちか〜」を自費出版で発売された事でした。

この出来事を機に、久々に公の場へ姿を現し、握手会&サイン会を行われました。

その後も、朝のトーク番組「はなまるマーケット」(2013年12月18日放送回・TBS)にて二十数
年振りのテレビ出演を果たされます。

また最近も、2017年1月にトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日)に約31年ぶりに出演され、
現在の活動について語られます。更に同番組にて志穂美悦子さん自らが手掛けた、“再会”と
いう題名のフラワーアレンジメントをスタジオに用意されました。

現在も、お昼の情報番組「ごごナマ」(2018年5月1日放送回・NHK総合)やバラエティー番
組「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(2018年11月21日・フジテレビ)等にゲスト出演され、
自身の半生やフラワーアーティストとしての活動状況を語られています。

またツイッターやオフィシャルサイトにて、近況も伺えます。

スポンサーリンク



実際の志穂美悦子は、夫・長渕剛より強かった⁉

長渕剛さんは自身が進行を務めるラジオ番組にて、“夫婦ゲンカはしないんですか?”というリスナーの方の質問に対し
『できるかよ、ちょっと口論になると“あなた、ビルの5階から飛べる?”と言ってくるんだから』と答えられました。

しかしある時、カッとなって妻・志穂美悦子さんに手を挙げてしまいます。その瞬間に彼女のハイキックが長渕剛さんの首筋へ直撃し、気絶してしまったそうです。
起こしても反応が無く、慌てた志穂美悦子さんは、師匠である千葉真一さんのもとへ泣きながら電話すると『救急車呼べ!』と騒ぎになったとの事です。

長渕剛さんは、この出来事で危機感を感じた(?)のか、極真空手や肉体改造に目覚めたらしいです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL