小比類巻かほるの現在

今回は、ヒット曲「Hold On Me」等にのせて出す伸びやかな歌声に定評があり、1980年代後半を代表するシンガー“Kohhy(コッヒー)”こと、
小比類巻かほるさんについてピックアップしていきたいと思います。

小比類巻かほるのプロフィール

プロフィール上では生年月日は『非公表』とされていますが、『1967年3月17日(16日という説も あり)』と言われています。

18歳の時にシングル「Never Say Good-bye」(1985年10月リリース)でデビューされます。
そして、彼女の名が一躍世間に知られる事となったのが、5枚目のシングル「City Hunter〜愛よ消えないで〜」(1987年5月リリース・オリコン8位)です。

この曲は、テレビアニメ「シティーハンター」(1987~1988年・日本テレビ)の主題歌に起用されました。

同作品エンディングテーマ「Get Wild」(1987年4月リリース)を歌われた音楽ユニット『TM Network』と共に、一躍スターダムに上がられました
(同時期には、人気ドラマの劇場版サントラ「あぶない刑事」(1987年)にも参加されています。)

更に、同年に発表された4枚目のシングル「Hold On Me」(1987年2月リリース・オリコン週間9位)により、その年の「第38回NHK紅白歌合戦」へ出場されました
(「第40回」(1989年)にも出場)。翌年1988年には、日本武道館での『2Days Live』の開催や、CM『TDKオーディオテープ』(1988~1989年)の出演に起用される等、
アーティストとしての人気絶頂を歩まれました。

スポンサーリンク



小比類巻かほる実は結婚をしていた?どんな私生活?

歌手・小比類巻かほるさんのプライベートは、あまり公表されていません。
彼女は以前、歯科医である一般人男性とご結婚をされていたらしいです。結婚後は、相手の事
業を手伝いつつ、作曲や専門学校講師等の音楽活動をされていた様です。
しかしながら、相手の方とは離婚されたとの事です(因みにお子さんに関しては、全く情報が得ら
れない事から、“いない”可能性が高いものと思われます。

小比類巻かほるアーティストとしての『新しい一歩』を踏み出してから…現在は

CM『TDKオーディオテープ』(1988~1989年)へ出演されていた頃、11枚目シングル
「TOGETHER」(1988年11月リリース・オリコン13位)を最後に、デビュー当時から所属していた
『EPIC・ソニーレコード』から『TDKコア』へ移籍、彼女の音楽スタイルも徐々に変わって行きました。

移籍後に発表の12枚目シングル「DREAMER」(1989年9月リリース)は“R&B色”が強い内容となっていました。
更に1989年11月に発表された6枚目のアルバム「TIME THE MOTION」の中の2曲「MIND BELLS」と「BLISS」は、名曲『パープル・レイン』で知られる
プリンス氏がプロデュースされました。

恐らく、世界的アーティストであるプリンス氏が唯一日本人歌手を手掛けたのは、小比類巻かほるさんぐらいだと思われ、正に異例の事ではないでしょうか?

1990年代以降も、音楽活動を続けられ、シングル「TWILIGHT AVENUE」(1990年5月・「どーする?!TVタックル」(テレビ朝日)テーマ曲)、
「Step by Step」(1994年11月・「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京)エンディングテーマ)、「What A Wonderful World(1998年1月・
映画「お墓がない!」主題歌)等の曲を発表されています。

1998~2000年までは、『Ruey』という名のもとでインディーズ活動を始められ、2枚のアルバムを出されています。

その間、1999年に青森県立保健大学(青森県青森市)・校歌『新たな未来へ』の作詞・作曲を手掛けられました。

上記にも述べた様に、小比類巻かほるさんは自身のご結婚や、父親が亡くなられる出来事にも見舞われ、一時はライブ等の表舞台へ立たれる機会が少なくなっていました
(この時期は実家の青森県へ帰られていた様です)。

しかし2000年代になると、再び表舞台やメディアに立つ機会が多くなります。

スポンサーリンク



自身が所属していたレコードレーベル『エピックレコードジャパン』主催のライブイベント『LIVE EPIC 25』(2003年2月・国立代々木競技場)に
大江千里さんや渡辺美里さんらと出演、かつての名曲を披露されました。テレビ番組でも「J-POP青春の’80」(2011~2012年・NHK BSプレミアム)にゲスト出演し、
ヒットの“裏話”や美空ひばりさんの「川の流れのように」(1989年)の一節を歌われる一面がありました。

近年のアーティスト活動も留まる事を知らない様に感じられます。
2010年9月に『25周年アニバーサリーベスト』を発表、これまでの集大成ともいえる様な作品を出されています。

今年2019年もアルバム「アルバム KOHHY5」(2019年1月リリース)の発表、音楽番組「Artist」(BS日テレ)に出演予定
((2019年12月放送)等、精力的に活動を行われています。そして来年2020年には、『小比類巻かほる 2020 new Year KOHHY’S Meeting Meeting チャリティーGiG』が開催される
(ライブハウスRosy Note(東京都小金井市))というので、益々のご活躍が期待できそうです!

最新情報や近況については、公式HPや彼女自身のツイッターにて日々、投稿されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL