半田 健人の現在

今回は、2003年に特撮テレビドラマ「仮面ライダー555」で、一躍人気者となり、以降は
俳優として活躍される一方、歌謡曲等多趣味な分野を知りつくす事でも有名になった半田健人
ピックアップしていきたいと思います。

スポンサーリンク



半田 健人のプロフィール

1984年6月4日生まれ、兵庫県ご出身、身長177 cmです。

芸能界入りのきっかけは2001年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』の最終選考会出場者に選ばれた事でした。

テレビドラマ「ごくせん」(2002年・日本テレビ)第5話ゲスト出演をされた後、半田健人さんの当たり役となる人気シリーズ作品「仮面ライダー555」(2003~2004年・テレビ朝日)の主人公・乾 巧(いぬい たくみ)役で初の主演を演じられたうえ当時、『史上最年少のイケメンライダー』としてのお茶の間の人気を獲得されました。

以降は、テレビドラマ「新・科捜研の女」(2004年・テレビ朝日)、花より男子(第4~5話、2005年・TBS系)、土曜ワイド劇場(テレビ朝日)といった2時間ドラマ等の作品へ次々とご出演されます。

半田 健人さんは高層ビルや鉄道に詳しい多趣味な一面。

その一方で、2004年3月にトークバラエティー番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)に出演した際、『高層ビルの高さを目測できる』という特技を披露されて(最近は2017年9月20日(空の日)に、『高層タワーの楽しみ方』として
東京スカイツリーの魅力について解説されたそうです)

以降、鉄道・歌謡曲といったマニアックな分野で彼のキャラクターが発揮されていきました。
更に昭和の歌謡曲を後世に伝えていきたいという思いが生じ、2006年8月より渋谷のクロコダイルにて『歌謡見聞録』と銘打ったライブを開催されました。

翌年2007年12月にはその年に亡くなった作詞家・阿久悠さんを偲んで『時代に生きた歌たち〜All song for 悠〜』と題したライブを開催されました。

半田 健人の結婚は?

半田健人さんは現在も独身の様です。一時期、「仮面ライダー555」で共演された芳賀優里亜さんと結婚の噂が囁かれたものの、デマの様でした。

半田 健人は事務所との間にトラブルが⁉
そして、事務所は移籍されていないとの事です。

半田健人さんは周りからは印象が良く、親しまれています。
しかし、所属事務所の社長さんはそんな半田健人さんを育てようと思う気持ちが大きすぎたのか、番組の出演中のダメ出しやコメントに対しての
厳しいツッコミ等が容赦なくあった為、いつの間にか『扱いづらいタレント』として見られてしまった様です。

そんな理由もあり、複雑な契約内容の事も含め、事務所を移籍せずに今日までに至っているとの事です。

スポンサーリンク



半田 健人はこれからも『乾巧/仮面ライダー555』として生きていく!
2014年3月に公開された映画「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」にて約10年振りに乾巧を演じ、変身ポーズを披露されました。
その翌年2015年3月公開作品「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」にて再び乾巧役とライダーマンの声も演じられました。

また最近は、芳賀優里亜さんと「仮面ライダー555」のもう1人の共演者である村上幸平さんと同作の主題歌「Justiφ’s」
(当時はDA PUMPのISSAさんが担当)をデュエットカバーされ2018年10月に発売されました。

更に今年2019年2月17日に、映画「仮面ライダー555(ファイズ)/パラダイス・ロスト」のリバイバル上映会が渋谷TOEIで
開催、主役乾巧(仮面ライダー555)役・半田健人さん、番組プロデューサー・白倉伸一郎が来場されました。

半田さんは現在放送中の「仮面ライダージオウ」(2018年~・テレビ朝日)第5~6話にも同役でご出演されました。
また半田健人さんは『誰かのハートの力になり、何かを感じてくれる方がいらっしゃるなら、555として、乾巧として生きていきます』と決意の表情を見せられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL