倉田保昭の現在

今回は、人気刑事ドラマ「Gメン’75」で一躍その名が知られ、アクション俳優としても現在まで定評がある、
倉田保昭さんについてピックアップしていきたいと思います。

倉田保昭のプロフィール

1946年3月20日生まれ、茨城県新治郡桜村(現・つくば市)ご出身です。
織物業を営む父親から幼少期より空手を教わります。

父親の会社が倒産した事を機に、小学4年生の時に家族で埼玉県大宮市(現:さいたま市)へ引越した頃から、
糸東流空手』の道場へ通い始められます。

高校卒業し一浪を経た後、「日本大学芸術学部」へ入学されます。高校での柔道部の活躍の活
躍に続き、大学時代は合気道部を設立されました。

同時期に『東映演技研修所』へ入所し「第一期生」となられ、テレビドラマ「丸出だめ夫」(1966~1967年・日本テレビ)
映画「続・組織暴力」(1967年)でドラマ・映画デビューされます。

しかし当時(1960年代終盤~1970年代序盤)は学生紛争の真っ只中であり、大学はまともに就職先が得られないまま卒業、同時に
『東映研修所』も終了、その後はアルバイトで生計を立てながら、オーディションへ向かう日々が続きました。

そんな時、思いも寄らないチャンスが訪れます。香港の大手映画会社『ショウ・ブラザーズ』のオーディション(帝国ホテル(東京都・千代田区)
で開催)へ参加し見事合格、倉田保昭さんは訳も分からぬまま1970年に異国の地・香港へ向かわれました。

そして、ショウ・ブラザーズ制作の「悪客」(1971年)で香港映画デビューをされました。
以降数年にわたり、香港・台湾を中心に数多くのカンフー・アクション映画へ出演・ご活躍されました。

スポンサーリンク



やがてその名は、ブルース・リーを筆頭とする1970年代前半の“カンフー映画ブーム”の到来と共に知られる事となりました。

出演映画「帰ってきたドラゴン」(1974年)が日本でも公開された事がきっかけで、
倉田保昭さんは“和製ドラゴン”として凱旋帰国されました。

その後は、アクションテレビドラマ「闘え!ドラゴン」(1974年・東京12チャンネル(現・テレビ東京))、映画「直撃!地獄拳」(1974年)、
彼の存在が全国区に知られる事になった作品である大ヒット刑事ドラマ「Gメン’75」(1975~1982年・TBS)等へ次々と出演されました。特に「Gメン’75」
での特別企画“香港シリーズ”は、倉田保昭さんのアクションが生かされる人気シリーズでした。

(この「Gメン’75」“香港シリーズ”のロケ近くで、ジャッキーチェンのブレイク作品「ドランクモンキー酔拳」(1978年)の
撮影が行われていたという逸話がある様です。)

1980年代以降も俳優業を続け、テレビ時代劇「猿飛佐助」(1980年・日本テレビ)や、映画「植村直己物語」(1986年)・
僕たちの七日間戦争」(1988年)「服部半蔵 影の軍団」(1980年・フジテレビ)等の作品へ出演されます。

一方の香港映画では、多くのアクション俳優の方と共演されました。「七福性」(1985年)ではジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーユン・ピョウと、
「フィスト・オブ・レジェンド 怒りの鉄拳」(1993年)ではジェット・リーといった、多くの作品で“アクション界のレジェンド”達と共演し激闘を繰り広げられました。

俳優業の他、1975年に自らのスタント・アクション養成所「倉田アクションクラブ」(現・倉田プロモーション)を開設、後に谷垣健治さん
(映画「るろうに剣心」シリーズ(2012年)や坂本浩一さん(特撮テレビ作品「獣電戦隊キョウリュウジャー」(2013~2014年・テレビ朝日))等、
日本のアクション界を支える人材を続々と輩出されました。

倉田保昭の現在どんな私生活

倉田保昭さん自身の結婚や、ご家族については、全くといって言い程公表されていません。
ネット上では、“息子さんまた娘さんがいる”とか“息子さんの身長が191㎝(因みに倉田保昭さん
ご本人の身長は173㎝)”といった噂が囁かれている様ですが、真相は定かではありません。

スポンサーリンク



倉田保昭は70代になった現在もまだまだ現役のアクション俳優!衰え知らぬ強さ!

2000年代以降も、映画「クローサー」(2001年)や「黄龍 イエロードラゴン」(2003年)といった作品へ出演、
相変わらずキレのいい動きを披露されていました。

なかには2005年公開作品「マスター・オブ・サンダー 決戦!! 封魔龍虎伝」(2006年)という作品もあり、日本アクション界の大御所・千葉真一さんと
共演(過去にもテレビ時代劇「服部半蔵 影の軍団」(1980年・フジテレビ)でも共演歴あり)、“夢の対決”を果たされました。

因みに、この作品でスタッフとして参加されたのが上記にも述べた谷垣健治さん、そして2013年に出演の
SFアクションドラマ「牙狼-GARO– 〜闇を照らす者〜」(テレビ東京)でセカンドユニット監督を務めたのが坂本浩一さんで、
“師匠と弟子”の関係で仕事を行われたと言えるのではないでしょうか。

近年の活動は、2011年11月に香港のコーズウェイベイ(銅鑼灣)にて『空手道場 創武館』を開設し今日に至っています。

また2013年開催の『第1回ベストアクションアワード』では、「ベストアクション男優賞・特別アクション功労賞」を受賞されました。

出演作品においても、若手時代からの盟友であるジョン・ウー監督作品「マンハント」(2017年)、テレビドラマ「やすらぎの郷」(2017年)
「やすらぎの刻〜道」(2019~2020年・テレビ朝日)等に顔を出されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL