にしおかすみこは結婚した?現在は落語!?

芸人

にしおかすみこさんといえば、
現在でも特番として定期的に放送されている
テレビ番組「エンタの神様」にて
一躍大人気になったお笑い芸人さんですね。

セクシーな衣装に、ムチを持ち
ドSな発言をする。という
芸風がかなり印象的です。

しかし、過去に「エンタの神様」は
毎週放送だったのですが、
今では特番になってしまい、
にしおかすみこさんをテレビで
見る機会は一気に減った気がします。

大人気番組だったので、終了するときは
少し寂しかったのを覚えています。

そんなにしおかすみこさんの
現在などについて、
今回はまとめていきたいと思います。

にしおかすみこ/有吉・劇団ひとりと同期/苦節12年エンタブレイクも実力なさ痛感し…

現在にしおかすみこさんの活動としては
そんなに仕事はないようですが
お世話になっている番組のリポーターや
通販、BSテレビに出演が多いようですね。

なんと、落語にも挑戦していたようで
春風亭小朝師匠弟子になっているようです。

そこで、落語の勉強をしていたことが
あるようですが、現在はやっていないようですね。

にしおかすみこさんは、現在46歳で
なんと、独身なんだとか。

スポンサーリンク



とても美人なので、すでに
結婚されていると思っていました。
世間では、結婚している。や
旦那さんはこの人だ。なんて
噂も、多いようですが、にしおかすみこさん
自身が、否定しているので
やはり、ただの噂のようです。

にしおかすみこさんの出身は
千葉県で、幼少期の頃は
とても普通の子供で
お笑い芸人になるような子では
なかったといいます。
本当にどこにでもいる千葉の田舎の
子どもだったといいます。

なぜお笑い芸人になる道を
選んだのかというと
雑誌のオーディションがあって
それに19歳の時に応募したんだとか。

お笑いの「金の卵を探せ」という
オーディションでした。

そのオーディションに応募しようと
思ったきっかけは、お笑い芸人に
憧れたとかではなく
テレビに出たい」「目立ちたい
といった、ノリで行ったんだとか。

一攫千金を狙う気持ちもあったそうで
宝くじか、芸能人だとも思ったようですね。

その当時、大学生だったので
大学に通いながら、ネタ見せなどに
行っていたようですね。

オーディションには受かったものの
そのオーディション自体は
受かったからといって、お笑い芸人として
有名になれるわけではなく
新人ライブに出れるという
権利をもらえるだけのものだったんだとか。

そして、ネタ見せをして、
それも受かったようですが、
その当時、そもそも女性のお笑い芸人というのが
今ほど多くなく、珍しさから
受かってしまったんだとか。

受かって、ライブには出てその
ライブ内で優勝などもしていたようで
そのまま芸人としての道を歩むことを決意しました。

スポンサーリンク



優勝していたと言っても、
5組の中で優勝していただけで、優勝という
言葉に自分にはお笑い芸人としての
才能がある。と勘違いしてしまっていた
こともあったといいます。

そこからは、山田邦子さんの番組の
前説に出たり、結構お仕事は
あったそうですが、テレビに出るという
仕事ではなく、ライブや前説が
ほとんどだったようですね。

なので、結構仕事があるとはいえ
お笑い芸人だけで生活はできず
たくさんバイトを掛け持ちしていたんだとか。

ちなみに、「エンタの神様」に
出演していた時も
バイトはしていたそうですね。

毎週出演していた上に、
ゴールデンタイムでの放送番組だったので
かなり儲けているんだろうなと
思っていましたが、やはり
お笑い芸人という道は険しいみたいですね。

ですが、にしおかすみこさんの
SMネタは、「エンタの神様」の中では
かなり好評で、大人気だったようです。

そして、現在世間では、
にしおかすみこは干された、消えた
などの噂がたくさんあるようですが
その原因について、まとめて
いきたいと思います。

2008年、テレビ番組「27時間テレビ」に
出演した、にしおかすみこさんですが
生放送中に、テレビの大舞台で
泣き出すという芸人として
してはいけないことをしてしまいました。

27時間テレビの中で、
明石家さんまさんがMCを務めていた
若手芸人の集まる店」にて
にしおかすみこさんは、ネタを披露。

そのネタの内容が、
「子どもが電車の中で半泣きしている」
という内容だったそうですが
なぜか、ネタの途中に
明石家さんまさんに近づき
「あたしもなぜか半泣きです。」
と、ネタを中断したんだとか。

その後、ネタを再開しましたが
全くと言っていいほど、ネタは進まず
明石家さんまさんを始め
先輩芸人の方達が、フォローを
入れましたが、にしおかすみこさんは
ネタが飛んでしまって、どうにもならない状態だったといいます。

その結果、泣いている状態で
ネタをしている、にしおかすみこさんを
見兼ねた、明石家さんまさんが
ストップをかける事態になったそうです。

その場は、明石家さんまさんの
ストップにより、終了しましたが、
その後に、ネプリーグにも出演します。

号泣した事実はなかったことのように
明るく振る舞い、ネプリーグに
参戦した、にしおかすみこさん。

「あの件のことは忘れて頑張れ!」という
フォローに対しても
「忘れてますよ!嫌なこと蒸し返さないでください!」
と言ってしまい、全く反省のないような
発言をしてしまったんだとか。

さらに、ネプリーグで問題に応えることができず
ワーキャー叫び、
「問題が聞き取れない!滑舌良く読んでください!」
などと、アナウンサーのせいにまで
してしまったそうです。

そのせいで、空気が悪くなっていき
ネプリーグは面白さに欠ける結果になってしまいます。

これには、ネプチューンの
ホリケンさんも怒っていたといいます。

この、「27時間テレビ」をきっかけに
にしおかすみこさんは、テレビ界から
干され、消えていったと言われているようですね。

続いて、にしおかすみこさんの
家族はポンコツ一家だという噂も
ちらほらあるようです。

その理由は、にしおかすみこさんの
ブログでの記事がきっかけのようですね。

どうやら、にしおかすみこさんは
「Webサイト 講談社FRaU」にて
連載が決まっていたようで
実家の日常」という内容だったそうです。

その記事には
「母は認知症、姉はダウン症、父は酔っ払い、
私は元SMの一発屋独身行き遅れの4人家族です」
と家族についての説明をし、
「私は家族が大事です。でも疲れます。
でも大好きです。」
「皆様や、皆様がご家族を思うとき、ほんのちょっとでも
気持ちがほぐれたらなと、ポンコツなりに思います。」

と、綴られていたようですね。

この「ポンコツ」という、にしおかすみこさんの
発言により、ポンコツ一家と
ニックネームがついたような感じですね。

確かに、読んだだけでは、
大変そうな家族だな。といった
印象を持つ方も多いと思います。

ですが、にしおかすみこさんは
大変でも、家族のことが大好きで
大切にしているということが
かなりわかりますよね。

「ポンコツ」という言葉の表現に
なったのも、家族を
愛しているからこその言葉だということが
伝わってくるので、感動的だなと思いました。

created by Rinker
¥330 (2022/07/03 02:52:15時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがだったでしょうか?

にしおかすみこさんがあまり
テレビに出なくなってしまったのは
「エンタの神様」が終了してしまったからだと
思っていましたが、お笑い芸人として
してはいけない失態をしてしまったことが
わかりました。

さらに、その件により、テレビ界から
干されるということはやはり
テレビの世界はとても難しいことがわかりましたね。

これからも、にしおかすみこさんの
活動を応援していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました